2022~2023年ヨーロッパで最もエキサイティングなサッカーリーグをランキング

昨シーズンは、ヨーロッパのトップ1サッカーリーグに一連の驚きと変革をもたらした。 フランスのリーグアンの比較的予測しやすい性質から、セリエAの激変、そしてプレミアリーグの前例のない予測不可能さに至るまで、このシーズンは予想を裏切ったシーズンでした。 この記事では、5-2022シーズンのヨーロッパ主要サッカーリーグのトップ2024を、最も面白くないものから最も興味深いものまでランク付けしました。

リーグ1

ソース: www.sportadda.com

フランスのリーグ・アンの2022-2024シーズンは、最終順位に関してはほとんど驚きがなかった。 圧倒的なチームだったPSGは、あまり栄光に恵まれずに再びチャンピオンシップを獲得し、最後から1番目のラウンドでタイトルを獲得した。 PSG に賭ける Betwayの 他のブックメーカーはシーズンを通して安全でした。 シーズンを通してのPSGのパフォーマンスは印象に残るものではなく、メッシ、ラモス、そしておそらくネイマールがクラブを去るという時代の終わりを告げた。 RC レンズが傑出した成績を収め、XNUMX 位でフィニッシュし、チャンピオンズ リーグへの直接出場権を獲得しました。

クレルモント・フットも予想を上回り、チャンピオン相手に見事な勝利を収めて18位でフィニッシュした。 リヨンとモナコは欧州大会出場枠を獲得できず、大きく失望した。 このシーズンには降格ルールも変更され、1チームが直接降格し、リーグのチーム数はXNUMXに減った。個人賞は、リーグMVPおよび得点王に選ばれたPSGのムバッペと、アシスト数トップのメッシに贈られた。そしてドリブルの統計。 全体として、リーグ XNUMX は PSG の独占に挑戦し、長期的な競争力を確保するために、競争力のある新しいチームを育成する必要があります。

LaLiga

ソース: www.sportbrief.com

バルセロナは数シーズンの困難を経て、ラ・リーガに復帰した。 堅守を見せて優勝を果たし、タイトルを獲得した。 レアル・マドリードは、複数の戦線で戦ってきた連続シーズンの疲れから、追いつくことができなかった。 アトレティコ·マドリード タイトルに挑戦するにはリズムを掴むのが遅すぎたが、シメオネの下ではより攻撃的なスタイルをプレーした。

スペインの著名なチームのいくつかは残念なシーズンを送った。 昨シーズンの優勝候補であるFCセビージャは12位に終わり、エスパニョールはXNUMXシーズンでXNUMX度目の降格を喫した。 バレンシアとセルタ・ビーゴは僅差で降格を回避した。

レアル・ソシエダは、一貫した世代の選手たちとともにチャンピオンズリーグの出場権を常に争っていることは称賛に値する。 チームの問題にもかかわらず、彼らはトップXNUMXフィニッシュを確保した。 オサスナがXNUMX位からカンファレンスリーグ出場権を獲得したことも称賛に値する。

ラ・リーガは、財政的制約と若いゴールスコアラーの不足により、質と魅力が低下する時期を迎えているようだ。 バルセロナの復活、守備力、ビッグネームたちの奮闘が2022-2024シーズンのハイライトとなった。

シリーズ

ソース: goo.com

イタリア・セリエAサッカー選手権は熾烈な競争が繰り広げられ、上位争いは接戦となった。 イタリアサッカー全体の状況は安定期にあり、リーグの競争力向上に向けた取り組みが進められている。 イタリアのチームはヨーロッパの大会で好成績を収めており、これは進歩の兆しです。

ナポリは、スパレッティ監督と、戦略的な選手獲得でチームを若返らせたスポーツディレクターのジュントリ氏に率いられ、サプライズチャンピオンとして浮上した。 ナポリのリーグでの成功は、ユベントスとの圧倒的なパフォーマンスで際立ち、5-1で勝利しました。 タイトル獲得は、亡き後だったこともあり、特別な意味を持っていた。 サッカー界のレジェンド、マラドーナ、ナポリのスタジアムは彼にちなんで名付けられました。

もう一つの注目すべき出来事は、財政上の不正によるユベントスの勝ち点減点であり、これが最終的にリーグでの順位に影響を与え、チャンピオンズリーグではなくカンファレンスリーグに降格させられました。 ラツィオとモンツァはリーグ戦で嬉しい驚きをもたらし、ラツィオはXNUMX位でフィニッシュしてチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、一方、新たに昇格したチームであるモンツァは素晴らしいパフォーマンスを見せた。 サンプドリアの降格、ベローナの降格プレーオフ回避の苦戦、フィオレンティーナの欧州チャンピオン争いの失敗など、残念な出来事もあった。

ナショナルリーグ

ブンデスリーガ2022-2024シーズンが終了し、バイエルン・ミュンヘンがXNUMX年連続のチャンピオンに輝きました。 しかし、彼らの勝利は前シーズンほど説得力がありませんでした。 クラブ内の緊張とネガティブな雰囲気がパフォーマンスに影響を及ぼし、勝ち点を落としたり納得のいかない勝利をもたらした。 ボルシア・ドルトムントはバイエルンの覇権に挑戦したが、結局及ばなかった。

シーズン合計971ゴールは過去XNUMX年間で最多となった。 バイエルン・ミュンヘンが最多ゴールを記録 得点数は92得点だったが、シャルケの得点数は35得点が最も少なかった。 ンクンクとフルクルグがそれぞれ16ゴールを挙げて得点王となったが、パフォーマンスは前シーズンほど顕著ではなかった。

欧州予選に関しては、来シーズンはXNUMXチームがブンデスリーガの代表となる。 バイエルン、ドルトムント、ライプツィヒ、ウニオン・ベルリンがチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 SCフライブルク、バイエル・レバークーゼン、アイントラハト・フランクフルトはヨーロッパリーグとカンファレンスリーグに参加する。

ブンデスリーガ 2022-2024 シーズンは、タイトル争いから降格まですべてが懸かったスリリングな最終節で記憶に残るでしょう。

プレミアリーグ

ソース: reuters.com

また, プレミアリーグ 2022-2024シーズンは史上最も予測不可能なシーズンの一つとなった。 主要チームが低迷する一方、他のチームが大幅に改善し、驚くべき結果につながった。 オッズ予想通り、マンチェスター・シティがなんとかタイトルを獲得したが、アーセナルが厳しい挑戦を見せた。 アーセナルは好調なスタートと印象的な移籍により、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、トッテナムなどのトップチームを破り、首位に立った。 しかし、ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティはXNUMX月に勢いを取り戻し、決定的な勝利を収め、最終的にアーセナルを追い越してタイトルを獲得した。

アーリング・ハーランドは36試合に出場し35ゴールという驚異的な成績を収め、ハリー・ケインを超えてシーズン得点王に浮上した。 上位チームのチェルシー、リヴァプール、トッテナムはいずれも期待外れのシーズンとなり、トップ12フィニッシュを確保できなかった。 チェルシーは移籍に多額の投資を行ったにもかかわらず、XNUMX位という低位に終わった。 リヴァプールはシーズンをなんとか挽回したが、確保したのはXNUMX位にとどまり、トッテナムはタイトル争いから脱落しXNUMX位に終わった。

このシーズンには嬉しい驚きもあり、ニューカッスルはXNUMX位でフィニッシュしてチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、ブライトンは初のヨーロッパリーグ出場権を獲得した。 アストン・ヴィラ、フラム、ノッティンガム・フォレスト、ブレントフォードも予想を上回った。 昇格したチームはいずれも降格を経験しなかったが、レスター、リーズ、サウサンプトンは順位を下げ、最近の成功を考えるとレスターの降格は特に衝撃的だった。

昨シーズンは、ヨーロッパのトップXNUMXサッカーリーグ全体で異例の状況と予想外の結果の一つとして記憶されるだろう。 このシーズンは、フットボールが常に変化するスポーツであり、何が起こる可能性があるかを思い出させ、世界中のファンを魅了するスペクタクルとなっています。

このウェブサイトは、あなたの経験を向上させるためにCookieを使用しています。 私たちは、あなたがこれで大丈夫だと仮定しますが、あなたはオプトアウトすることができますご希望の場合。 同意